logo brand logo brand

 社員が家族に誇れる

INTERVIEW 03
社員が家族に誇れる
名実ともに日本一の
保険代理店へ。

松本 | 団体営業第二部・部長(1998年入社)

TIP設立前の旧豊通ファミリーライフに入社。豊田支店や名古屋本社、東京支店で、従業員向け保険・企業向け保険両方のキャリアを積む。2015年からはグループリーダー、2019年からは部長としてマネジメントを務める。

お客様に教えていただいた不屈の精神

MISSION
部長として従業員向け保険の企画・運営を統括。

私の部署では、トヨタグループ各社の人事部門に対して、主に「総合保障制度」と「団体扱自動車保険」の企画提案・制度運営を担当しています。企業の福利厚生制度として、従業員向けに用意していただく保険です。部内には2つのグループがあり、人事部門に企画提案を行う営業グループと、保険の加入者となる企業の従業員からの問い合わせに対応したり、事務手続きを行ったりするサービスグループです。

各グループにグループリーダーがいますから、部長としての役割は、両グループの方針やスケジュールの進捗を確認しながら、目標達成に向けて全体を推進していくこと。メンバーからの相談や、遅れやトラブルがあった際の対応などですね。顧客企業への企画提案も基本的には各担当者が行いますが、先方の重役が出席する打ち合わせや、意思決定いただく前の重要な説明などには同行することもあります。

仕事をするうえでは、当社のビジョン「動き、つながり、先を行く」を意識するようにしています。動き出さないことには何も始まらないので、メンバーに対しても躊躇せずにまずは行動するように伝えています。また、自部署だけで解決する問題はほとんどありませんから、情報共有や社内外との連携がしやすい環境を作るのも私の役割だと考えています。

IMPRESSION
お客様に教えていただいた不屈の精神

これまでの仕事で特に印象深いのは、まだ若手だった頃、ある大手メーカーの福利厚生制度としてがん保険を導入いただいたことです。一流企業で、当然当社の総合保障は導入いただいていましたが、さまざまな理由から「福利厚生としてのがん保険は不要」と判断されていました。

提案のポイントは必要な保険である根拠を示すことでした。がんになった時に必要となる金額の根拠はもちろん、なぜお客様にとってこの保険商品が最適なのかを説明する必要もあります。厚労省や保険会社、民間の調査会社などのデータを調べてお客様に説明する準備を行いました。当時はまだ若かったので、資料作成や説明にも至らない点が多く、お客様からさまざまなことを教えていただきました。特に資料については、まるで本当の上司のように細かい点まで教えていただき、何度も何度も書き直して、ようやくわかりやすい資料が作成できて、結果としてがん保険の導入に踏み切っていただくことができました。

膨大な資料作成や制度設計は本当に大変でしたが、決して諦めない「不屈の精神」を学んだ経験でした。その後、非常に多くの従業員の方がこのがん保険に加入してくれたことは、大きな喜びとともに大切な財産になっています。

POLICY
メンバーが自発的に動ける組織をつくっていきたい

マネジメントを行うようになった当初は、メンバーへの動機づけに苦労しました。人によって価値観は違い、やる気が入るスイッチも千差万別です。会社や部署の目標についても「こう決まったからやって当然だよね」ではなく、背景や意味合いをちゃんと説明して、一人ひとりのメンバーが納得して、全員が同じゴールを目指せるようにしています。個人の価値観は違えども、少しでもいい保険を従業員にお届けしたい、困ったときにお役に立ちたい、という想いはメンバーで共有できていると思っています。

組織としては、自発性を持った社員の集団が理想です。仕事の中で覚えた違和感をみんながしっかりと発信すれば、課題なんかすぐに整理できますし、何か新たに取り組むにしても「僕これやります」「じゃあ僕は」とやっていく組織の方が、「じゃあ君これね」と進んでいく組織よりも強いし、仕事が楽しいですよね。そういう組織を作っていくためにも、オンオフはしっかり切り替えて、飲み会やゴルフの時は「人と人」として無礼講で接せられる関係でいたいと思っています。

目標は、名実ともに日本一の保険代理店。それを目指せる規模感の会社だと思っていますし、保険料や人数といったボリュームだけではなく、お客様への対応やサービスも追い求めて、社員が家族に誇れる会社を目指したいですね。

PERSONALITY 部下から見た松本さん

法人営業部 山田 紀子 団体営業第二部 荒川
視野が広く、頼れる人

とにかく視野が広く、部全体、会社全体を見てスピーディーに方針を打ち出してくれるため、とても頼りがいがあります。仕事に関しては厳しいですが、仕事外ではとても優しい方で、いろいろな相談に乗っていただいています。

OTHER INTERVIEW